オリックス銀行カードローン審査

オリックス銀行カードローンの審査を徹底調査しました

様々なカードローンの中でも安定して人気を集めているのが「銀行カードローン」です。メガバンクから地方銀行、有人店舗を持たないネット銀行など、たくさんの銀行カードローンが人気を集めています。その中でも評判が良いのが「オリックス銀行カードローン」です。

 

インターネット専業銀行であるオリックス銀行、人気が集まっているカードローンは、やはり銀行であるだけに審査は難しいのでしょうか。女優の篠原涼子さんのCMが好感を与える「オリックス銀行カードローン」の魅力と審査について考えてみましょう。

 

最短即日

 

オリックス銀行カードローンの特徴

業界トップクラスの低金利

オリックス銀行カードローンの最大の特徴といえば業界トップクラスの低金利を挙げることができるでしょう。実質金利1.7%〜17.8%、とくに最下限金利の「1.7%」は数あるカードローンの中でもトップクラスの低さを誇ります。

 

提携ATM数が豊富で、終日手数料無料

全国の提携先ATM数は95,000万以上、次のような提携ATMを利用することができます。

 

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 西日本シティ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • ローソン
  • Enet

 

しかも提携ATM利用手数料は終日無料ですので、借入・返済ともに費用負担を考える必要はありません。

 

オリックス銀行カードローンの保証会社は2社!!

通常銀行カードローンは銀行の関連会社の保証会社が保証を行います。そのため実質的な審査は保証会社が行うことになります。

 

オリックス銀行カードローンの保証会社は先に述べた通り「オリックス・クレジット株式会社」「新生フィナンシャル株式会社」の2社があります。銀行カードローンの保証会社が2つあるというのはオリックス銀行カードローンだけの特徴となっています。

 

2社の保証会社があるということは、一方で審査が合格できなくてももう一方で合格できる可能性があるということです。もちろん申込には2社分の手続を行う必要はなく、また同時に審査が行われるわけではありません。まずは「オリックス・クレジット株式会社」が審査を行い、保証を受けれない場合には、「新生フィナンシャル株式会社」が審査を行うことになります。

 

各社の傾向は以下の通りです。

 

  • オリックス・クレジット株式会社

比較的高額申込、高額収入の方に強い傾向があり、まとまった金額のの審査が中心となります。オリックス銀行カードローンの元々の基本となる保証会社です。

 

  • 新生フィナンシャル株式会社

パートやアルバイトの方に強い傾向があり、オリックス・クレジット株式会社の保証が受けれない方や、収入自体は少なくても安定した収入がある方が中心となります。

 

オリックス銀行カードローンの審査基準

銀行カードローンの特徴として「審査基準が厳しい」点を挙げることができます。消費者金融などと比較した場合、全体的に審査基準が厳しくなっています。

 

オリックス銀行カードローンを申込む場合でも、この特徴を覚えておく必要があるでしょう。保証会社が2社あり門戸が広いオリックス銀行カードローンですが、誰でも利用できるとは限りません。

 

 

審査のポイントとなるのは「属性」です。「属性」とは、年収・勤務先・勤続年数・家族構成などの申込者の情報を指し、これらの項目の評価が高いと判断されると、それだけ審査に合格できる可能性が高くなります。

 

 

年収

年収は高ければ有利といえますが、安定した収入があれば審査でも評価されます。当然嘘の申告をしてもすぐにばれますので、注意しましょう。

 

勤務先

従業員100名以上の大企業では高く評価されます。公務員・上場企業などであればまずは問題ないでしょう。逆に従業員20名以下の小企業では、審査でも厳しくなります。

 

勤続年数

同じ会社に5年以上勤務しておれば問題ありません。10年以上勤務している方は高く評価されるようです。逆に勤続年数1年未満では、厳しく判断されるでしょう。

 

居住年数

最低でも1年間は確保しておきたいところです。5年以上あれば問題なく、10年以上であれば高く評価されるようです。

 

居住形態

持家→分譲マンション→賃貸マンション・公団→市営住宅→借家の順で評価されます。本人持家が一番高く評価されますが、家族持家でも十分高い評価を得ることができます。

 

審査は時間がかかる?

申し込みが完了し、審査が始まるとすぐに連絡が来るわけではありません。オリックス銀行カードローンの審査には時間がかかります。2〜3営業日程度かかる”ものであり、土日祝日を間に挟むとさらに時間がかかります。

 

審査結果はオリックス銀行からの連絡になります。

  1. 可決→電話で連絡
  2. 否決→メールか書面で連絡

 

審査に受かっていれば電話で連絡がありますが、否決となればメールもしくは郵送連絡です。郵送ともなればさらに日数がかかるものであり、どうしても借り入れで都合をつけなければならない場合、1週間程度無駄にすることも考えられます。

 

オリックス銀行カードローンは審査結果がわかるまでに時間がかかるまで1週間はかかるものと考えて余裕を持った申し込みをしましょう。

 

申込書から何を判断する?

申込書には細かな項目を入力することとなります。

  • 申込者本人について
  • 勤務先について

大きく分けるとこの2つになりますが、実に詳細な項目になっています。

 

例えば申込書本人について。名前、性別、生年月日、住所、電話番号はもちろんのこと、家族構成や子供の人数、居住形態、居住年数なども項目としてあります。

 

 

 

実はこれら一つ一つが属性と呼ばれるものです。属性の項目ごとに点数をつけて評価しています。収入から支出項目を差し引くことで「返済能力」を判断しています。

 

子供の人数が多ければそれだけ支出が多くなるでしょう。居住年数が長ければ当面その住所に住まいを持つことが予想でき、引越しという大きな出費が近々にはないこと、安定した連絡先の確保と考えることができます。

 

申込書とは単純に情報を入力するだけのものではありません。そこに入力する一つ一つは、審査にかかわる重要な項目になります。

 

過去の債務、他社からの借り入れは影響する?

審査では他社からの借り入れ状況、過去の債務を調査する「個人信用情報機関への照会」があります。日本には3つの個人信用情報機関があり、通常は2つに加盟しています。加盟している個人信用情報機関でなければ、情報を提供することも照会することもできません。

 

オリックス銀行は、保証会社も含めて、3つの個人信用情報機関に加盟しています。つまり、全ての個人信用情報機関で集めている債務情報を網羅しているということです。

 

個人信用情報機関で審査に悪影響な情報

これがあれば審査に落ちる、受かることはないという情報もあります。

  • 債務整理の履歴
  • 3ヶ月以上の返済の遅延
  • 代位弁済
  • 強制解約

 

審査に落ちるとは限らないものの、良い影響はない情報もあります。

  • 他社からの借り入れ件数が多い
  • 返済の遅延が頻発する

 

個人信用情報機関にどのような情報が集められているのか気になることでしょう。融資までに時間の余裕があるのであれば一度個人信用情報機関に情報開示請求をすることも検討してみましょう。

 

在籍確認はいつ?

勤務先にオリックス銀行から連絡があります。申込書に記入した勤務先に勤めていることを確認するものです。

 

審査の一つとして行われる在籍確認は、「審査完了までの間」に職場に電話がかかってきます。オリックス銀行では申し込み完了から審査結果が連絡されるまで3営業日がかかります。あらかじめ、在籍確認に対策を考えたほうが良いかもしれません。

 

  • オリックス銀行からの在籍確認は担当者が個人名で連絡をします。
  • 非通知で電話をします。

 

この2つのポイントを覚えておきましょう。例えば保険の担当員から連絡が来ることになっている、落し物を拾ってもらったなど、どのように在籍確認の電話がかかってくるのかを知っておくことで対策が立てられるでしょう。

 

オリックス銀行では、在籍確認は書類での対応はありません。必ず勤務先にオリックス銀行から電話による在籍確認があります。

 

審査で不利にならないために気をつけるポイント

カードローンの審査結果は申込を行わないとわかりません。しかし自らの行動で不利な結果を招くこともあります。次に挙げるような行動に注意して、なるべく審査に不利とならないように注意しましょう。

 

 

 申込内容は正確に

 

氏名・住所・勤務先・収入・他社借入状況などは、正確にミスないように記入しましょう。単純な間違いであっても審査に不利に働くこともあります。当然ながら虚偽の内容は審査の過程ですぐにばれますので、決して嘘はつかないようにしましょう。

 

 

 一度にたくさん申込を行わない

 

審査の合否に関係なく、申込自体の実績が個人信用情報に記録されます。複数の金融機関に一度に申込を行うことで、審査に悪影響を与える結果となります。オリックス銀行カードローンに限りませんが、どうしても借りたい気持ちが強くあせって複数のカードローンに申込むことのないように注意しましょう。

 

最短即日

更新履歴