2ちゃんねるの口コミから分かるオリックス銀行カードローンの実態

2ちゃんねるの口コミから分かるオリックス銀行カードローンの実態

銀行系カードローンの中では比較的メジャーな存在といえる「オリックス銀行カードローン」は、他の銀行系カードローンと比較すると「金利が高めの設定」になっています。消費者金融系カードローンの多くが最大金利18%付近に設定されているのに対し、銀行系カードローンの場合は最大金利15%以下に設定しているところが多くあります。消費者金融系カードローンと銀行系カードローンを比較する場合、この金利差が大きな特徴となります。

 

ところが、オリックス銀行カードローンに関しては最大金利が17.8%に設定されています。これは、同じ銀行系カードローンの中で最も高い設定を採用しているグループに振り分けられるため、現実的な銀行系カードローンを利用するメリットが減ってしまいます。これは、2ちゃんねるなどでも頻繁に取り上げられるポイント(口コミ)ですが、それでもなおオリックス銀行カードローン利用するメリットはあります。

 

それは、「オリックス銀行カードローンは銀行系カードローンである」という点です。一般的な評価として、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンを比較する場合には、総じて銀行系カードローンの方が優先度が高いです。これはひとえに「金利の低さ」が招いている結果なのですが、かてて加えて「総量規制の対象外」という点も銀行系カードローンが優遇される大きな理由です。

 

ただ、その代わりに銀行系カードローンは審査基準が高めに設定されていることが多く、消費者金融系カードローンならば審査を通過できる人でも銀行系カードローンの場合は審査を通過できないといった状況が良く起こります。そのため、泣く泣く銀行系カードローンを諦めて消費者金融系カードローンを利用している人も多いのですが、オリックス銀行カードローンならばそのような悩みを解決できるというのが2ちゃんねる内での評価です。

 

というのも、オリックス銀行カードローンは金利の設定幅などが消費者金融系カードローンに近いこともあってか、銀行系カードローンの中では比較的緩やかな審査基準だという口コミが多数あります。2ちゃんねるで話題に挙がるのは「契約できるかどうか」「契約する価値があるのかどうか」という内容が多いのですが、いずれも総じて評価は高いです。

 

契約難易度は消費者金融系カードローンに近いので低めに設定されていますが、銀行系カードローンなので総量規制の対象外です。また、有名な銀行と言うこともあって信用が高く、仮に周囲の人に知られてしまっても「銀行からお金を借りている」という状況でカモフラージュすることができます。

 

銀行系カードローンなので総量規制を気にすることなく大きな借り入れをすることも可能で、最大800万円の融資を受けるとなれば非常に低い金利で利用することができます。最大金利こそ銀行系カードローンの中では高めの設定になっていますが、最小金利は他の多くの銀行系カードローンと比較しても最高水準に設定されています。ということは、問題は「いかに低い金利で借りることができるか」ということです。

 

消費者金融系カードローン、銀行系カードローンのどちらを利用するにしても、最も優先するべきは「返済の大変さが大きいか小さいか」です。たとえば、金利が高い選択肢を選べば返済の負担が大きくなってしまうから金利が低い選択肢を選んだ方が良いというわけですが、これはあくまでも「現実的に設定される金利」で比較することが必要です。いかに低い数値が最小値に設定されていたとしても、適用される金利が最大値ばかりならば意味がありません。

 

そういった点も含め、2ちゃんねるで扱われている口コミの中には「現実的な設定金利」の話も出てくるので、参考にすると自分が契約したときの設定金利を予測するために役立ちます。

オリックス銀行カードローン