オリックス銀行カードローンで300万円借り入れた場合の返済シミュレーション

オリックス銀行カードローンで300万円借り入れた場合の返済シミュレーション

カードローンは審査によって借り入れできる上限額が定められて、自分で自由に枠内で借り入れ額を設定して申し込むことができます。しかし、その際にどのようにして返済を行っていかなければならないかは個々の金融機関で異なります。資金として300万円が必要だというときにも、選んだ金融機関やローン商品によってどのような返済計画になるかが違うので返済シミュレーションをして確認した上で借り入れを決定することが重要です。

 

オリックス銀行カードローンで借り入れをする場合には前提として知っておかなければならないことが二つあります。一つはオリックス銀行カードローンでは審査によって借入利率が定められていることです。オリックス銀行カードローンに申し込むと審査によって借り入れの上限額が10万円刻みで決められます。

 

それに応じて借入利率が定められていて、700万円を超えて800万円以下なら1.7%から4.8%、500万円を超えて700万円以下なら3.5から5.8%になるといった形で上限額が大きいほど借入利率が低くなる仕組みになっているのです。

 

そのため、審査を受けたときにできるだけ有利になるようにしておくと返済額を少なくすることができます。もう一つはオリックス銀行カードローンでは残高スライドリボルビング方式を返済方法として取り入れていることです。これは借入残高に応じて毎月の返済額が定められるシステムであり、返済を続けていくとだんだんと毎月の返済額が減っていくようになっています。

 

300万円借り入れた場合には最初の月には45000円の返済をすることになりますが、残高が250万円以下になると40000円になり、さらに200万円以下になると35000円になるという形で徐々に毎月の負担が減っていくのです。このような一見複雑な仕組みで返済をしていくことになるため、返済シミュレーションをするときには注意が必要になります。

 

オリックス銀行カードローンで300万円借り入れる場合に具体的にどのような返済計画になるかをシミュレーションをしてみると次のようになります。上限額が800万円で借入利率が1.7%の場合に300万円借り入れると返済回数は151回です。

 

毎月1回、10日または月末に払うことになるので、返済期間としては151ヶ月、つまり12年7ヶ月になります。このときに支払わなければならないトータルの利息は211197円です。一方、限度額が300万円で借入利率が5.0%になっている場合には返済回数は170回になります。返済期間にすると14年2ヶ月になり、やや期間が長くなることがわかります。

 

しかし、この場合の利息は728031円にも上ります。800万円の上限額で借入利率が1.7%の場合に比べると3.5倍程度の利息を払わなければならなくなるのです。ただ期間が長くなるだけでなく、利息が高くなることからできるだけ借入利率を低くすることが重要だとわかります。仮に借入利率が4.5%であったとすると返済回数は166回になり、利息は637195円です。わずか0.5%の借入利率の違いによって利息については9万円以上の違いが生じることになります。返済期間も4ヶ月短縮できるので極力借入利率を下げてから借りるということが重要です。

 

借入利率を下げるためにはオリックス銀行カードローンでは上限額を上げることが必要になります。利用上限額の増額審査を受けることによって、審査基準を満たしていれば上限額を上げてもらうことが可能です。借り入れをする前には必ず増額審査を受けてできる限り借入利率を下げてから借り入れを行うようにするのが賢い方法と言えます。

オリックス銀行カードローン