オリックス銀行カードローンの返済ができなくなったらどうする?

オリックス銀行カードローンの返済ができなくなったらどうする?

オリックス銀行カードローンは業界最低水準の金利1.7%〜17.8%となっています。しかし、いくら金利が低くても借金なので、返済ができなくなるということはあります。極端な話、金利がゼロでも返済ができなくなる人はいます。「親から利息なしで借りた借金を返せない」といった話はよく耳にします。銀行カードローンは低金利なのでリスクが低いと言われていますが、借金であることを理解して無理のない返済プランを立ててから借りましょう。「オリックス銀行カードローンの返済ができなくなったらどうする?」という質問などをインターネット上で見かけることがあります。

 

オリックス銀行カードローンの返済ができなくなったら、インターネットの掲示板などで「どうする?」と問いかけてみると、よいアドバイスをしてくれる人があらわれることもあるので無駄ではありません。

 

オリックス銀行カードローンの返済ができなくなったくらいならば、そうあわてることがないという考え方もできます。多くの人は、まずは銀行カードローンで借りて、それでも足りなかったらクレジットカードのキャッシング枠や大手の消費者金融を利用します。クレジットカードのキャッシング枠も使いきり、大手の消費者金融でも限度額いっぱいまで借りてしまったという状態はかなり危険です。

 

しかし、オリックス銀行カードローンの返済ができなくなったくらいならば、クレジットカードのキャッシング枠や大手の消費者金融などを利用して追加の借り入れを行うのも悪くありません。返済できない金額が1万円〜2万円程度ならば、まだそれほど大きな問題ではありません。大切なことは、そこからきちんとシミュレーションをして、返済ができる状態にまで戻していくということです。まだ延滞をしておらず、返済に余裕があるならばおまとめローンという手段もあります。

 

もしもオリックス銀行カードローンの返済ができない上に、クレジットカードのキャッシング枠なども使い切ってしまっているというケースでは追加融資をするのは危険かもしれません。そのような人は、クレジットカードのショッピング枠もリボ払いにしているというケースが多いです。クレジットカードのショッピング枠も借金のうちなので、返済シミュレーションをするときに計算に入れるべきです。返済シミュレーションをしてみて、返済不能になってしまうリスクが高いと感じたら、債務整理を検討してみましょう。

 

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などの種類があります。ケースバイケースですが、多くの場合に任意整理で解決ができます。任意整理をすると利息と遅延損害金を全額カットしてもらえます。遅延損害金も全額カットしてもらえるならばあわてることがないと考えてしまうのは間違いです。任意整理は100%成功するものではないので、なるべく早い段階で弁護士などに相談をしましょう。

 

返済ができなくなったらすぐに相談をして、延滞をする前に手続きに入るようにするのがベストです。自己破産をすると借金はすべてゼロになりますが、デメリットも大きいです。オリックス銀行カードローンは無担保・無保証ですが、その他に借金がある人は思わぬデメリットを被ることもあります。例えば、学生時代に奨学金を借りていたという人は、親が連帯保証人になっているでしょう。

 

その場合に個人再生や自己破産をしてしまうと、連帯保証人となっている親に対して一括請求がされてしまいます。任意整理ならば対象とする借金を選べるので、連帯保証人に迷惑をかけずにすみます。連帯保証人がついている場合、担保がある場合などには特に注意をしておき、早い段階で解決をしてしまうことを心がけておきましょう。

オリックス銀行カードローン