オリックス銀行カードローンは振り込み融資が可能?

オリックス銀行カードローンは振り込み融資が可能?

オリックス銀行カードローンは、オリックス銀行の提供するカードローンサービスです。ただし、この点は注意が必要です。最近は銀行も貸しすぎを考慮して自主規制として年収の3分の1以下に制限するようになってきています。そのため、法律的に融資が可能であったとしても実際に申し込んで融資がなされるかどうかはわかりません。すべては審査結果次第となります。

 

オリックス銀行カードローンは名称がカードローンとなっている通り、カードを利用して借入を行うのが基本です。カードを提携ATMに挿入して必要な金額を入力して借り入れができます。1000円単位から借り入れることができて、提携ATMなら手数料は無料となっています。

 

オリックス銀行カードローンは提携ATMの数も多く、全国に提携ATMは99000台以上存在しています。郵貯銀行や三井住友銀行、三菱UFJ銀行、その他コンビニATMなど幅広い提携先がありますから、多くの利用者が手数料無料で借入をすることができるメリットがあります。

 

このようにカードを利用して借り入れを行うことができるオリックス銀行カードローンですが、振込融資を利用することも可能です。これは、審査を通過して会員になった後にログインすることのできるメンバーズナビというページから利用可能です。メンバーズナビで振込融資の手続きを行うと、指定した口座に直接振り込んでもらうことができるようになっています。振込融資は、すでにその口座から引き落としの予定がある場合などに、いちいちカードで借入をしてから振り込むという二度手間にならずに済むという利点があります。また、提携ATMが近くにない場合でも振り込んでもらうことができるので便利です。

 

オリックス銀行カードローンは返済方法も選ぶことができます。銀行口座からの引き落としと、ATM返済・振込み返済の方法が選べます。銀行口座からの引き落としは、毎月決まった日に口座から自動的に引き落とされるので、返済忘れがないというメリットがあります。引き落とし日は毎月10日か末日となっています。口座引き落としには事前に口座登録をする必要があります。対応していない銀行もあるため、事前に確認しておくようにしてください。

 

提携ATMからの返済は、手数料無料で返済を行うことができます。使い方はカードを使って借入れをする場合と同じように提携ATMにカードを挿入して、返済額を提携ATMの紙幣取り込み口に入れるだけです。振込みの場合は、開院ごとに用意されているオリックス銀行の口座へ振り込みをします。これは提携ATMから振り込んでも良いですし、ネットバンクから送金をすることもできます。返済専用口座は海外送金には対応していない点には注意が必要です。

 

振込の場合は、そのほかにも注意が必要です。返済には基準時と約定返済日が合って、この間に振込みがなされるようにしないといけません。基準時より前に返済をした場合は随時返済と扱われて、その月の支払いとはみなされません。約定返済日に贈れてしまった場合は遅延となり、延滞利息が別途かかってしまいます。振込みを行う場合は、日時によって翌営業日扱いとなってしまい、約定返済日に間に合わないといったことになってしまう場合もありますので、余裕をもってきちんと返済をするようにしましょう。

 

返済方式は残高スライドリボルビング方式で、毎月利用額に応じた最低支払額を支払っていくスタイルです。その額から利息が除かれ、残金が元本に充当されていきます。随時返済をすれば元本を早く減らしていくことができます。

オリックス銀行カードローン