オリックス銀行カードローンの解約方法と注意点

オリックス銀行カードローンの解約方法と注意点

ネット銀行であるオリックス銀行カードローンは公式サイトから簡単に申し込むことができますが、利用をやめる時の解約方法として、電話連絡が必要になるのを覚えておくことが重要です。銀行側でカード専用の電話番号を用意しています。

 

フリーダイヤルですので通話料は発生しませんが、営業時間である平日の9時〜18時までの連絡が必須です。土日や祝日は休業日ですので、必ず平日に電話連絡を行います。オペレーターに対して、オリックス銀行カードローンを解約する話を伝えるだけでよく、解約の理由などを伝える必要はありません。オペレーターが解約の申し出を受け付けた後、銀行側から解約方法についての書類を自宅まで郵送してくれます。自宅に書類を郵送する方法だと都合が悪く感じられるなら、オペレーターに別の住所に送ってもらえるか相談することをおすすめします。

 

書類が届いたなら内容物を確認して注意事項などをよく読んでから、提出用の書類に記入を済ませます。記入漏れや間違いがあると受け付けてもらえず、オリックス銀行カードローンの解約が遅れる結果になりますので、提出前にきちんと確認を済ませておくことが大切です。問題がなければ必要書類を封筒に入れて返送します。書類が銀行に到着した後はチェックをして、問題がなければオリックス銀行カードローンを解約できます。

 

解約方法として、電話で解約を申し出た際に契約したときの書類を返してもらったり、解約証明書の発行ができるのか尋ねてみたりするのがおすすめです。これらの書類があれば既に契約が終わっていることが明らかになるため、トラブルを回避するのに便利です。但し、解約証明書の発行には手数料をとられる場合がありますので、電話で発行を依頼するときには必要な費用についても聞いておくと安心です。

 

解約方法自体はあまり難しくはないものの、オリックス銀行カードローンを解約する際に注意したい部分がいくつか存在しますので、忘れないようにします。解約時にまだ借入残高があるなら、一括返済をする必要が出てきます。

 

 

契約時のようなリボルビング払いは適用されず、残高がいくらであっても一括で返さなければなりません。返済時には元金だけでなく、利息分もまとめて支払う必要がありますので、解約を考えたなら返済できるだけのお金を事前に用意します。返済方法には3種類が存在し、銀行振込とATMの利用、口座引き落としが選べます。最も手軽で利用しやすいのが硬貨が使えるATMで、手数料を取られないのがメリットです。

 

一括返済の際の利息は日割り計算ですので、1日返済が遅れるごとに利息が増えるため、支払いに必要な金額を間違えないことが大切です。ちなみに解約を申し出る時点で借入残高がなく、利息の支払いも終わっていれば一括返済の手続きは不要です。

 

手続きを終えて解約をすれば、既にオリックス銀行カードローンを所持していない状態に変化します。他社のカードローンやキャッシングを利用していなければ、住宅ローンやマイカーローンなどの審査が通りやすくなる場合があり、メリットが増えます。

 

しかし、今までのようにカードローンがあったおかげでお金に困ったときにいつでも借りられる状態ではなくなります。お金を用意する手段が減ることを理解してから、解約手続きを決断したいところです。解約しても再契約をすれば以前のようにオリックス銀行カードローンを使えるようになりますが、その際には最初から申し込みから審査、契約までの手続きを行わなければなりません。解約した後、しばらくの間は同じカードローンの申し込みを断られる場合があり、そうなると時間が経過するまで待たなくてはならないことに注意してください。

オリックス銀行カードローン