オリックス銀行カードローンは借り換えに最適!審査基準は厳しい?

オリックス銀行カードローンは借り換えに最適!審査基準は厳しい?

オリックス銀行カードローンは銀行の普通預金口座を開設していなくても利用することができますし、総量規制対象外なので消費者金融から既に年収の1/3近くまでカードローン残高がある方でも融資を受けることができます。

 

このためオリックス銀行カードローンは消費者金融やクレジットカードのキャッシングサービスの借り換え・おまとめ用のローンとして利用するのに最適です。オリックス銀行の公式サイトのカードローンのページには滋養性資金を除いて使いみちが自由であることが明示されているので、他社からの借り換えローンとして利用しても何の問題もありません。

 

一般的にカードローンを初めて利用する人であれば大手の金融会社に申し込みをするので、メガバンクまたはアコム・プロミスなどの大手消費者金融を利用します。準大手のオリックス銀行は既に別の金融会社のカードローンを借りている人が申し込みをする傾向があるので、大手の銀行または消費者金融からの借り換えをする顧客を積極的に受け入れることでシェアを伸ばしています。このためオリックス銀行カードローンでは他社からの借り換え目的での利用の融資に対しても積極的な姿勢を見せています。

 

カードローンに申し込みをする時に一番気になるのは審査の基準です。オリックス銀行カードローンは銀行カードローンなので消費者金融よりも審査が厳しいように思われるかもしれませんが、一般的な都市銀行や地方銀行・信金のカードローンよりも基準が緩くて通りやすいという特徴があります。

 

オリックス銀行カードローンの金利を見ると年率1.7〜17.8%に設定されていて最高利率が消費者金融と同じ高い水準に設定されています。一般的な銀行カードローンの最高利率は14%台なので、利率を見る限りでは消費者金融と同じように多くの人が利用することができるカードローンであることが分かります。

 

オリックス銀行カードローンの審査を実施する保証会社はオリックス・クレジット株式会社と新生フィナンシャル株式会社という会社の2社で、いずれかの保証会社で可決されたらカードローンが利用できます。新生フィナンシャルは消費者金融(レイク)系の会社なので、パート・アルバイトや派遣社員などの非正規雇用に就いている人向けの融資を強みとしています。このためアルバイトなどで年収額が低い方でもオリックス銀行のカードローンで借り入れができる可能性があります。

 

収入が多くて安定した職業に就いている方であれば、オリックス・クレジットが保証をすることで他の銀行よりも低い利率でカードローンが利用できる可能性があります。オリックス銀行カードローンの限度額と金利の表を見ると100万円コースの年率は12.0%〜17.8%とあり4.8%分の幅があります。利用者のステータスによって利率が決まるシステムになっているので、年収額や勤続年数・職業などによっては一般的な銀行カードローンの金利(年率14%前後)よりも低い年12%〜13%でカードローンが利用できる可能性があります。

 

 

オリックス銀行カードローンは年収額が少ない人からステータスが高い人まで幅広い層の人がお得に利用することができるという特徴があります。

 

ちなみに消費者金融や一般的な銀行カードローンでは限度額ごとに利率が固定されているので、ステータスが高い人もそうでない人も同一の利率が適用されてしまいます。勤続年数が長くてある程度の年収額がある方であればオリックス銀行の方が他の銀行でカードローンを利用するよりも低い金利で借り入れができる可能性があるため、他行のカードローンからの借り換えのために活用することができる場合があります。他社カードローンからの借り換えを考えている方であれば、オリックス銀行カードローンの審査を受けてみると良いでしょう。

オリックス銀行カードローン