オリックス銀行カードローンの個人事業主の借り入れ審査は厳しい?

オリックス銀行カードローンの個人事業主の借り入れ審査は厳しい?

オリックス銀行カードローンは個人事業主も対象にしています。パートやアルバイトの人でも安定した収入を得ていれば可能性があります。「満20歳以上69歳未満の方」「毎月安定した収入のある方」という2つの条件を満たしていることが重要です。外国人の方でも永住者または特別永住者の方ならば対象となっています。

 

「オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方」という条件もついていますが、こちらは審査を受けてみないとわからないでしょう。勤務形態については書かれていないので、パート・アルバイト、個人事業主の方でも条件さえ満たしていれば可能性があるということです。

 

オリックス銀行カードローンは金利が1.7%〜17.8%という業界最低水準ですが、最高金利のほうは17.8%と高めになっています。審査の結果によって限度額や金利が決まりますが、比較的柔軟に対応してくれるのではないでしょうか。個人事業主とひとくちに言っても、さまざまな仕事をしている人がいます。弁護士や医者などの職業に就いている人はむしろ審査で有利になるでしょう。

 

オリックス銀行カードローンの借り入れ審査では、勤務形態も重要になります。正社員の人が最も有利です。同じ正社員の人でも、大企業に勤めている人のほうが中小企業に勤めている人よりも安定性があるとみなされやすいです。

 

派遣や契約社員の人は契約期間が終わると失業してしまう可能性もあるので、やや不利になるようです。アルバイトやパートの人は不安定なイメージがあり、不利になってしまいます。個人事業主の人は、ケースバイケースですが、アルバイトよりはわずかに有利になるのではないでしょうか。しかし、オリックス銀行カードローンの借り入れ審査では他にもさまざまな項目が見られます。

 

年収、勤続年数、年齢、個人信用情報、他社からの借入の件数・金額などです。勤務形態という1つのポイントで不利になっていても、他の項目でよい部分があれば総合的には信用があると判断される可能性も高いでしょう。特に重要になるのが、個人信用情報です。

 

オリックス銀行カードローンの公式ホームページでは個人信用情報については記載されていません。しかし、地方銀行のカードローンなどでは「過去1年間で延滞がない方」という条件がつけられていることもあります。

 

オリックス銀行カードローンではそのような記載はないものの、やはり延滞をしている人は不利になることは間違いありません。延滞をしているということは、約束を守って支払いをしなかったということです。過去のこととはいえ、同じことを繰り返す可能性もあります。延滞をすると信用が落ちますが、だからといってクレジットカードやローンをいっさい利用しないというのもよくありません。クレジットカードなどもいっさい利用をしたことがない人は、個人信用情報になにも情報がないので、判断材料がありません。

 

このような状態をスーパーホワイトと呼ぶことがあります。オリックス銀行カードローンはスーパーホワイトの人でも借りられる可能性がありますが、できることならクレジットカードだけは利用をして、良好な利用実績を積んでいくほうがよいでしょう。現在はクレジットカードは多くの人が利用しているので、まったく利用実績がないとかえって怪しまれることもあるようです。

 

クレジットカードにキャッシング枠がついていると借金となるので、キャッシング枠はなるべくつけないようにするか、枠を10万円くらいの少額にしておくのがよいでしょう。クレジットカードを3枚〜4枚程度持っていてもキャッシング枠がついていないならば審査には影響しないようです。

オリックス銀行カードローン