オリックス銀行カードローンで無職が理由で審査落ちした

オリックス銀行カードローンで無職が理由で審査落ちした

オリックス銀行カードローンは消費者金融などの貸金業者ではなくて銀行カードローンなので貸金業法の総量規制対象外です。法律上は総量規制対象外の銀行カードローンであれば本人の年収額には関係なく融資を受けることができます。

 

オリックス銀行カードローンは配偶者に一定以上の収入があれば本人に収入が無い専業主婦の方でも申し込みができます。ところがオリックス銀行カードローンの申込フォームには「専業主婦」の項目が設置されていないので「無職」を選択しなければならず、本人の年収額の欄に0円と入力すると審査落ちしてしまいます。

 

 

ちなみに専業主婦の方でも申し込みができる他の銀行カードローンであれば申込フォームの職業の欄に「専業主婦」の項目も設置されていて配偶者の年収・勤務先などを入力する専用の欄が設けられていることがあるので、入力された年収額や勤務先の情報に基づいて審査が進められます。

 

オリックス銀行カードローンで仮審査の申し込みをする際に本当に全く収入がゼロのいわゆる「無職」の人は審査に通過することができませんが、配偶者に一定の収入がある専業主婦の方であれば審査に通過してローンが利用できる可能性があります。それでも専業主婦の方がオリックス銀行カードローンに審査落ちしてしまうのは、配偶者の年収額や勤務先を伝えていないことが主な理由です。

 

オリックス銀行カードローンで配偶者に収入がある専業主婦の方が申し込みをする場合、入力フォームに沿って記入することで「無職」として送信してしまって審査落ちとなってしまうケースが多いからです。専業主婦の方がカードローンの申し込みをする際は銀行側に配偶者の勤務先や年収額をきちんと伝えておかなければなりません。

 

専業主婦の方がオリックス銀行カードローンの仮審査に申し込みをする場合の手順ですが、入力フォームの職業・勤務先・年収額の欄に申込者本人ではなく配偶者についての情報を入力するようにしましょう。

 

ただしこのまま送信すると申込者(本人)の勤務先として判断されてしまうので、申込フォームの送信後に電話でオペレータに“自分は専業主婦で配偶者に収入があるのでフォームで送信したのは配偶者の勤務先や年収であること”を伝えておくことができます。勤務先や年収などを記入する欄に配偶者についての情報を入力してから後から電話で連絡しておくことで専業主婦として扱ってもらえるので、申込フォームで送信された配偶者についての情報(収入・職業)に基づいて審査を進めてもらうことができます。

 

専業主婦としてオリックス銀行カードローンの仮審査に申し込みをすると、在籍確認は配偶者の職場ではなくて本人の携帯電話に実施されます。専業主婦の方がカードローンを利用する場合には限度額が低めに設定されるので、仮審査の申し込みの際に配偶者の収入証明書類を提出する必要はありません。専業主婦の方がオリックス銀行カードローンを利用する場合にはローン金利として年率17.8%が適用されます。

 

専業主婦以外にも年金で生活している「無職」の方がカードローンの申し込みをする場合もあります。年金生活者がカードローンを利用できるか否かの判断は金融会社によって異なりますが、オリックス銀行カードローンの場合には収入源が年金のみの方が審査に通過することができません。年金を受給している方の場合でも年金とは別に年間200万円以上の収入があれば審査に通過することができる場合があります。

 

ちなみにアルバイトをして一定の収入がある学生の場合は「無職」ではありませんがオリックス銀行の審査に通過することができません。このため収入源が年金のみの方やアルバイトをして一定の収入がある学生の方であれば、別のカードローンに申し込みをする必要があります。

オリックス銀行カードローン