審査ポイントは?

オリックス銀行カードローンの審査ポイントは?

一般的に銀行のカードローンは審査基準が厳しいといわれています。ただし「オリックス銀行カードローン」は一般的な銀行カードローンの中でも、比較的審査基準に対する厳しさは低めといわれています。

 

それでも基本的なポイントを押さえておかなければ、当然審査には合格することはできません。オリックス銀行カードローンの審査のポイントは、どのような点にあるのでしょうか。

 

属性のポイント

カードローンの審査において重要となるのが「属性」です。「属性」とは、申込者の勤務先、勤続年数、居住年数、家族構成、年収などの情報を指しています。これらの項目の評価が高いほど、審査に合格できる可能性も高くなります。

 

それではオリックス銀行カードローンで判断される主な属性の内容は、どのような点にあるのでしょうか。

 

勤続年数

最低でも1年以上は必要となります。5年以上あれば問題なく、10年以上同じ勤務先に勤めている方は評価が高くなります。

 

勤務先規模

従業員20名以下の中小・零細企業に比べると、やはり100名以上の大企業が評価が高くなります。公務員や上場企業であればまず問題ないでしょう。

 

居住年数

勤続年数と同様に、最低でも1年以上は必要となります。5年以上あれば問題なく、10年以上同じところに住んでいる方は評価が高くなります。

 

居住形態
本人持家→家族持家→分譲マンション→賃貸マンション・公団→市営住宅→借家の順で評価されます。

本人・家族問わず持家であれば一番高い評価となりますが、賃貸であっても他の属性で問題がなければ、それほど気にする必要はないでしょう。

 

収入のポイント

様々な属性の中でも一番重要視されるのは、やはり「収入面」でしょう。オリックス銀行カードローンの申込資格の中には「毎月安定した収入がある方」と明記されています。もちろん収入自体は多いに越したことはありませんが、それ以上に重要となるのが「収入が安定しているかどうか」という問題です。

 

職業上毎月の収入が不安定と判断されると、たとえ収入自体が多くても審査では不利となることもあります。逆に収入自体が少なくても、毎月安定していると判断されると、借入可能金額は少額かもしれませんが、審査自体に合格できる可能性も高くなります。

 

とくにオリックス銀行カードローンでは、収入自体が少ないパートやアルバイトの方に対してこのような傾向が強いといわれています。あまり高限度額は望めませんが、それでも一時的な出費には十分対応できるだけの借入も可能ではないでしょうか。