オリックス銀行カードローンに審査落ちしないために

オリックス銀行カードローンは、銀行カードローンの中でも比較的審査に合格しやすいといわれています。

だからといって当然ながら誰もが合格できるわけではありません。

 

審査落ちしてしまった方の中には、次のような過ちを自ら犯してしまう方も意外にたくさんおられるのではないでしょうか。自らの行動で審査落ちを招いてしまう、5つの罠について考えてみましょう。

 

他社利用件数に嘘をついてしまう

これまで他社のカードローンやキャッシングを利用したことが無い方や、既に完済している方は問題ありませんが、申込の段階で利用を続けている方は、他社の利用件数や金額を正直に申告するようにしましょう。自らを良く見せたい気持ちはわかりますが、嘘をついてしまうと審査に悪影響を与えることになります。

 

銀行の審査では個人信用情報機関から、利用実績などを詳細に調査することができます。嘘をついてもすぐにばれるだけでなく、嘘をつかなくても十分審査基準に合格できるのに「信用できない」と判断され不合格となる危険もあります。いくら残高があるのか不透明な方は、借入先の残高証明証などで必ず確認しておきましょう。

 

年収に嘘をついてしまう

こちらも自らを良く見せたい気持ちが強いためでしょう、年収の金額を多く申告してしまいます。オリックス銀行カードローンでは、年収300万円までの申込は所得証明書が原則不要となっています。だからといって年収を多めに申告することは絶対にやめておきましょう。

 

勤務先、年齢、勤務歴、役職などを調査することでおおまかな年収を推測する能力を審査担当者は備えています。

嘘をついている恐れがある場合には、審査の過程で収入証明書の提出を要求されることになり、そうなるともはや審査には合格できません。

 

嘘をつく方に対して、信用からお金を貸すことは絶対にありません。仮に嘘をつかなくても十分審査基準を満たしている場合でも、わずかな嘘が致命傷となることを覚えておきましょう。申込金額が300万円以下であっても、あらかじめ自らの年収を確認し、正確な数字を申告するようにしましょう。

 

勤務先に嘘をついてしまう

何度もいいますが、審査では嘘は致命傷となります。ここでは勤務先の嘘について考えてみましょう。

 

安定した収入を審査の基本とする以上、勤務先も審査では大きなポイントとなります。やはり大企業や公務員が審査では有利になってきます。そこで勤務先を変わったにも関わらず、前の会社が大きいからといって以前の勤務先を申告する方もなかにはおられるでしょう。

 

また退職して無職なのに、まだ勤めていると嘘をついてしまう方もおられるかもしれません。このような嘘はすぐにばれてしまい、結局は不合格という結果を招くだけなのです。

 

無職の方は、まず失業保険の手続を行うようにしましょう。会社都合でリストラになったのであれば、すぐに失業手当が支給されるはずです。その後できるだけ安定した職について、勤務実績を確保するようにしましょう。

 

住所や電話番号の間違い

急いでいるあまり、申込内容に間違いをしてしまう方も意外と多いようです。自宅や勤務先の住所や電話番号を間違えてしまうと、確認作業に時間がとられてしまいます。またこのような方はいい加減な方だと判断され、審査にも悪影響を与えることになるでしょう。申込内容は慎重に、何度も見直すようにしましょう。

 

また引っ越し後の本人確認資料、とくに運転免許証の住所変更の手続を行っていない方も意外とたくさんおられます。この場合も、時間を要することになりますので注意しておきましょう。

 

必要以上の金額を申込む

オリックス銀行カードローンの最大借入限度額は800万円です。だからといって、収入金額が少ない方が800万円を申込んでも合格できるわけがありません。いくら総量規制対象外とはいっても、やはり借入希望額が年収に対して大きい場合では、審査も厳しくなるのは当然といえるでしょう。

 

自らの収入に自信の無い方は、まずは100万円以下コースで申込むようにしましょう。その後返済実績を積んでいき、借入限度額の増額を希望してみてはどうでしょうか。