オリックス銀行カードローンは店舗もATMも持っていない!

オリックス銀行カードローンは店舗もATMも持っていない!

オリックス銀行はインターネット銀行なので店舗や専用ATMを持っていません。このためオリックス銀行カードローンについても申込チャンネルはインターネットのみで、現金のキャッシングや返済は全て提携他社のATMを利用する必要があります。オリックス銀行が自社の有人店舗やATMを持っていないことから大手消費者金融やメガバンク・地方銀行のカードローンとは使い勝手が違います。

 

オリックス銀行では店舗が無いためカードローンの申込方法はインターネットだけなので不便に感じるかもしれませんが、逆に利用者にとってのメリットもたくさんあります。オリックス銀行は店舗を設置していないので人件費や場所代などのコストを削減することができるため、他の銀行カードローンにはない便利なサービスが提供されています。オリックス銀行カードローンの魅力のひとつはオリックス銀行で普通預金口座を開設していなくてもカードローンを利評することができることです。

 

一般的に多くの銀行カードローンは返済の時に普通預金口座からの自動引き落としをするので口座を開設する必要があり、その銀行の口座を利用していない人でも毎月の返済日の前に入金をしておかなければなりません。この理由はカードローンの返済をする時に他行の口座からの引き落としを利用すると手数料がかかってしまうからです。振込キャッシングのサービスもその銀行の口座に振込をすることで振込手数料を節約することができます。

 

これに対してオリックス銀行カードローンでは返済や振込キャッシングを利用する場合にオリックス銀行以外の銀行の口座を利用して入出金をすることができるので、使い慣れた口座でお金をまとめて管理することができます。カードローンの返済で他行の普通預金口座を利用して引き落としをすると銀行にとって余分の手数料がかかってしまいますが、オリックス銀行では有人店舗や自社のATMを設置するための人件費や場所代・維持費などの経費を削減しているので便利なサービスを提供することができるのです。

 

オリックス銀行カードローンでは自社のATMを1台も所有していないので、現金をキャッシングしたり繰上返済する場合には提携ATMを利用する必要があります。サービス面で充実している大手消費者金融やメガバンクのカードローンでも、コンビニなどに設置されている提携ATMを利用してキャッシングや返済をすると108円かそれ以上の手数料が徴収されてしまう場合があります。これに対してオリックス銀行カードローンでは曜日・時間や利用するATMの種類には一切関係なく、キャッシングや入金(繰上返済)を行う場合の手数料は一切かかりません。

 

オリックス銀行カードローンの入出金に利用できる提携ATMの種類が非常に多く、銀行ATM(三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・西日本シティ銀行・ゆうちょ銀行)の他にコンビニ店やショッピングセンター・ショッピングモール内のATM(セブン銀行・E-net・ローソン・イオン銀行)なども手数料無料で利用できます。

 

ゆうちょ銀行やコンビニ店・イオンモールは日本中どこにでもあるので、どこに住んでいたとしても手軽にカードローンのサービスを利用することができます。オリックス銀行カードローンでは夜間や休日でも常にATM手数料が無料であることを活用して、銀行の営業時間外に普通預金口座から現金を引き出すよりもカードローンを上手に活用することでATM手数料を節約することもできます。

 

オリックス銀行カードローンは有人店舗や自社ATMを持っていないのでサービス面で制約を受けるように思われるかもしれませんが、人件費や維持費などの経費を節約することで便利でお得なカードローンのサービスが提供されています。

オリックス銀行カードローン