オリックス銀行カードローンは契約書類やカードは郵送が避けられない

オリックス銀行カードローンは契約書類やカードは郵送が避けられない

お金を借りたいというときには人に知られたくない場合もあります。このようなときにローンを申し込むときに郵送物があると家族に知られてしまうリスクが生じるため、できれば全てオンラインで取引ができると良いという考えを持つのはもっともなことです。店頭ですべての手続をするというケースでも、消費者金融などに通っている姿を見られてしまうというリスクがあります。

 

しかし、ローンを組むときには一般的には契約書を交わしたり、本人確認書類を提供したりしなければならないため、店頭に行くか書類を郵送する必要が生じてしまうのが一般的です。オリックス銀行カードローンを利用する場合にも完全には郵送物を受け取ることを避けられませんが、比較的人に知られずに済むように配慮があります。

 

オリックス銀行カードローンを申し込むときには基本的にはほとんどの作業をオンラインで行うことが可能です。オリックス銀行カードローンのウェブサイトにアクセスしてウェブフォームに入力することにより申し込みを行うことができます。

 

それに伴って受付メールが届き、Eメールアドレスが存在していることを確認するためのURLが到着するようになっていて、まずはこれで虚偽の申し込みではないということを確認しています。そして、ローンについての審査が数日で行われた後、勤務先への在籍確認と自分で指定した連絡先への電話による本人確認が行われるというのが基本です。

 

この際に電話のタイミングや電話番号を指定することもできるため、周りの人に知られにくいタイミングを見計らって本人確認を行ってもらうことができます。この期にオリックス銀行カードローンではローンカードが発行されるため、どうしても郵送物を受け取らなければならないのが事実です。

 

この際に送られてくるのはローンカードや契約に関する説明書類や契約が完了したことについての通知書、カードローンのガイドブック、オンラインサイトを使用するためのIDとパスワードといったものです。しかし、この後に必要になる本人確認書類や所得証明書の提出についてはオンラインで行うことができます。この書類の提出によって最終審査が行われてローンの利用ができるようになるというのがオリックス銀行カードローンの仕組みです。

 

このような形で郵送物を一度は必ず受け取らなければならないのは確かであり、本人確認の意味も込めて簡易書留で自宅に転送不要の形で届けられてしまいます。しかし、その封筒にはオリックス銀行カードローンという明記はなく、銀行からの封筒として届くのが特徴です。見た目には銀行から重要書類が届いてきたという印象しか与えることがありません。人に気づかれたくないという利用者が多いからこそ、十分な配慮が行われているのです。

 

カードローンという性質上、契約内容に関する説明を行う義務があることに加え、ローンカードを手元に届けなければならないという面があります。その問題に対して銀行系のカードローンであるという強みを生かし、オリックス銀行カードローンでは明らかにローン関係の書類が入っている郵送物には見えないようにしているのです。

 

契約書類やカードだけ郵送で受け取ってしまったら、後は基本的にはオンラインでほとんどの手続きを行えます。一部の手続きについては電話で行う必要がありますが、書面でのやり取りが必要になることは原則としてありません。

 

ローンの明細などもオンラインで確認する仕組みになっているので郵送されてくる心配はないのがオリックス銀行カードローンの特徴です。そのため、お金を借りるときに郵送物が気にかかってしまうという人にとって利用しやすいカードローンになっています。

オリックス銀行カードローン