オリックス銀行カードローンの増額審査を有利にするには

オリックス銀行カードローンの増額審査を有利にするには

オリックス銀行カードローンは最初にカードローンの申し込みを行ったときに審査が実施されます。その結果に応じて利用可能額が10万円ごとに設定されて、その枠内で借り入れができるようになるのが基本システムです。

 

しかし、半年に一度の頻度で増額審査が行われていて、該当する場合には増額通知をメールで受け取ることができます。これによってオリックス銀行カードローンで借りられる金額が一般的に増えていくことになるのです。また、電話で連絡することによって自分から増額審査を受けることもできるため、もっと借りられるようにしたいというときには役に立ちます。ただし、審査を受ければ必ず増額されるというわけではありません。オリックス銀行カードローンで増額審査を有利にする方法を知っておくと対策を立てることができます。

 

オリックス銀行カードローンだけでなくカードローン一般に言えることとして安定して高い年収を手に入れられるようになっていると審査が有利になります。消費者金融の場合には年収の三分の一までしか借り入れができない仕組みになっているため、それに準じて利用可能額が定められるようになっているのが基本だからです。オリックス銀行カードローンでも一般的には年収の三分の一から半額程度になります。

 

ただし、これは安定して収入が得られるという前提であり、職業によっては少ない金額になってしまうことがあるので注意が必要です。パートやアルバイト、派遣のように収入が一定しないときには不利になります。また、倒産のリスクがある会社の経営者であったり、個人事業主として収益が安定していなかったりする場合にも利用可能額が少なめに設定される傾向があるので注意が必要です。

 

これに比べると安定雇用が期待できる会社員や公務員の方が有利になります。転職して正社員として仕事に従事できるようにすると審査で増額できるようになる可能性が高いのです。また、年収については基本的に自己申告なので常に個人情報を最新にしておくことが重要になります。オリックス銀行カードローンではメンバーズナビから個人情報をいつでも自由に更新できるようになっているので、年収や職業などについて常に新しい情報を入力しておくと有利です。

 

特に転職などをして仕事が変わったときや、昇進などによって給与が大幅に上がったときには速やかに更新しておくことが増額審査を有利にする上で重要になります。

 

一方、不利にならないように心がけることも必要になります。たった一度であっても長期の延滞をしてしまった場合には増額審査に不利になることは否めません。万が一、払えないというときがあったら予め連絡をしてできる限り早く返せるようにすることが必要です。

 

また、利用履歴がないのも不利になってしまう原因になります。必要があるから増額をするという兼ね合いがあるため、現時点での利用可能額の限度額に近い借り入れをしていると審査で優遇される可能性があるのです。会社側にとっては十分に借り入れをしてくれてしっかりと返してくれる人が優良な顧客になります。

 

その観点からずっと限度額近くで借りてくれていて返済も滞ったことがないというのは増額する理由として適切なのです。もう一つ重要なのが継続的に利用することであり、優良顧客として認識してもらうために欠かせません。最初に少しだけ借りてずっと利用していないというのではなかなか増額してもらうことができないため、借りて返してというのを繰り返して長期的に利用するのが肝心です。基本的にはオリックス銀行カードローンを利用して銀行側に利益を与える顧客であり続けることにより増額審査は通りやすくなります。

オリックス銀行カードローン